“うつ”で“ゲイ”なysyの【備忘録】

大阪に住む『ゲイ』で『うつ』いろいろマイノリティーな男(35歳)の備忘録

自分が“うつ”になった原因を考える① (ysy #2)

こんにちは!!

ゲイで“うつ”のため休職中のysyです。

 

今回、“うつ”になった理由を考える上で、“うつ”なった経緯などを考えて何も考えずに記事を書いていたら、恐ろしく長文になってしまいました…。

 

なので勝手に連載形式で、6パートに分けて記事を書いていきたいと思います。

  1. 自分が“うつ”になった原因を考える① ひっそり忍び寄る“うつ”の気配…
  2. 自分が“うつ”になった原因を考える② 主治医との信頼関係
  3. 自分が“うつ”になった原因を考える③ 休職を選択し感じたこと「精神疾患は“普通”じゃない(?)」
  4. 自分が“うつ”になった原因を考える④ なぜ“うつ”になったのか?
  5. 自分が“うつ”になった原因を考える⑤ 復職か?転職か?
  6. 自分が“うつ”になった原因を考える⑥ 相棒と夜通し…

 

f:id:ysy1983:20180927190124j:plain

ひっそり忍び寄る“うつ”の気配…

今年2月か3月ぐらいだったと思う。

僕はおかしなことになっちゃった…

 

好きな映画を観ても、いつもよりおもしろいと感じないし

好きな犬を見てもかわいいと感じない…

 

おそらく僕は、平均より情緒豊かな人間だと思っています。

(変に理屈っぽいところもありますが…w)

なのに、“喜怒哀楽”が感じられないというか、希薄という…。

何て表現したら良いのか分からない、感情がマヒしたような不思議な感覚でした。

 

 

その頃の僕は、とにかく いつも疲れていて、たまにイライラする自分を止められず、他人に八つ当たりっぽい態度を取ることもありました。
(今思えば本当にはた迷惑な奴です…汗)

しかも、なぜか微熱がずっと続いていました。
でも喉が腫れたり鼻水が出たりしないし、恐らく風邪とかではない感じ。

 

その上、不眠と、ストレス性胃潰瘍・十二指腸潰瘍の疑いがあって常に腹部に違和感。

おなかも緩くなっていて、心身ともに壊れたい放題…

“体調が優れない”って表現で片付けられない程の体調不良でした。

 

この頃すでにメンタルクリニックに通院していました。

通院していた、梅田のとあるメンタルクリニックでは

ドグマチールスルピリド)という「うつ」胃潰瘍・十二指腸潰瘍」に効果がある薬と入眠できるように睡眠薬の代わりとして精神安定剤を処方してもらっていました…。

(睡眠薬より精神安定剤の方が、依存性が低いと判断なさったのかな?)

理にかなった処方で、しばらくの間は、胃の痛みや“うつ”にも効果があると実感していました。

 

4月下旬になり、次第にドグマチールでは対処しきれない程、胃が痛かったり、気分が落ち込んだり…。

 

そんなある日、夜勤の仕事に出かける途中のことでした。

駅のホームでふっと…

「あれ?俺はなんでここにいるんやろ?ここはどこだろ?」

駅名の書かれた掲示物を見て…

f:id:ysy1983:20180927194209j:plain

※画像はイメージです。

「え?あれは地図記号?ハングル?アラビア語?」

漢字で書かれた見慣れたはずの駅名が、すんなり頭に入ってこない…。

 

…しばらくして、電車が間もなく到着すると

駅のアナウンスが流れ、はっとする。

「そうだ。今から夜勤に行くんだった」

正気を取り戻して、とりあえず電車に乗りました。

 

「おかしいな…おかしいな…」

 

恐怖のような感覚を感じながら、職場の最寄り駅まで来ました。

 

今の自分自身の状況にパニックになり、相棒(=同性の恋人)に電話。

彼は優しい口調で、なんとか落ち着かせてくれた…。

夜勤をドタキャンすることはできません。

他のスタッフや、もしかしたら入居している方に迷惑を掛けるかもしれない…。

 

とりあえずその夜は、気合いで乗り切りました…。

不思議なもので、仕事とともなれば申し送りなどの長文も理解できる。

たぶんノルアドレナリン(?)か、何かが頑張ってくれてたんだろうな…と今は思います。

 

夜勤は夕方17時から翌朝10時まで(うち休憩1時間)

 

朝6時ぐらいに早出のスタッフが出勤してくる頃には、完全なポンコツ状態に…

 

「ysy君、夜勤明けでしんどいのはわかるけど、しっかりして!!」と檄を飛ばされることも多くあった。

 

不甲斐なさもあれば、情けなさもあったり…

 

一度、同じ職場のスタッフのA子さん(仮名)に、こんなことを言われたことがある。

ある日の夕方ごろ、保育園に子供を迎え行くため急いで仕事を終わらせようとするA子さん。

 

A子「ysy君、今日は夜勤?」

「いえ、今日は22時までです」

A子「よかったー…(ほっとする表情)」

「え?なんでですか?」

A子「私、明日“早(早朝からの出勤)”やねんw」

「…」

A子「お疲れまー!!」

お、…お疲れ様です…

 

恐らく朝のポンコツ具合を知っているA子さんは、朝イチで僕と勤務が一緒になるのが嫌だったんでしょう…うん、うん、納得…

 

…って、

A子さんの言ったこと自体どうよ!

 というのは、置いておくとして…

そんなことを平然と言われるぐらい自分はポンコツだったんでしょう…。

 

はぁーー…思い出したら疲れてきた 笑


 

つづきはこちら

自分が“うつ”になった原因を考える② 主治医との信頼関係

 

Twitterもやってますので、よかったらご覧ください!

twitter.com

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村