“うつ”で“ゲイ”なysyの【備忘録】

“うつ”で“ゲイ”なysyの【備忘録】

大阪に住む『ゲイ』で『うつ』いろいろマイノリティーな男(35歳)の備忘録

自分が“うつ”になった原因を考える④ (ysy #6)

こんにちは!!

ゲイで“うつ”のため休職中のysyです。

シリーズ「自分が“うつ”になった原因を考える全6パート」連載中です。

  1. 自分が“うつ”になった原因を考える① ひっそり忍び寄る“うつ”の気配…
  2. 自分が“うつ”になった原因を考える② 主治医との信頼関係
  3. 自分が“うつ”になった原因を考える③ 休職を選択し感じたこと「精神疾患は“普通”じゃない(?)」
  4. 自分が“うつ”になった原因を考える④ なぜ“うつ”になったのか?
  5. 自分が“うつ”になった原因を考える⑤ 復職か?転職か?
  6. 自分が“うつ”になった原因を考える⑥ 相棒と夜通し…

自分が“うつ”になった原因を考える

なぜ“うつ”になったのか?

そのとき、「あ、この人(上司)、俺合わないわ」と思ったけど、少なくともひとつだけ確かなことを彼は言ったように思います。

 

『落ち着いたら、“うつ”になった原因を考えるべき』という点!

 

確かに原因がわからなければ対策のしようがないし、“うつ”の再発率を侮るわけにはいかないです…いや、本当に…。

 

なので自分が“うつ”になった原因を考えることにしました。

時間を掛けて…

 

「あれもあるし、これもあるなぁ…あぁ、あれも!」

 

自分なりに考えたけど、どれも“原因”というより“要因”に過ぎない…。

決定打!といえるように感じるものはないような…

 

なんだか、こんがらがってきた…

 

“うつ”の要因のひとつとして、“ものごとの捉え方が、しんどい方向に行きがち”という意味で「認知の歪み」なんて言葉も使われます。

 

んン~…それもあると思います。

はい。

 

「認知の歪み」は、自分にとって今後の課題です。

考え方を変えるのって、やらなきゃいけないけど、ちょっと時間が掛かるのかなって僕は思いました。

 

そして、とりあえず、すぐに解決できるのは「外的な要因」だと思いました。

 

なるべく要因となった事柄から距離を置くことで、再発を防げるのかなー…と。

 

そこで僕なりに視覚的にそれぞれの要因の占める割合

主観ながら数値化し、円グラフを作ってみましたw

(※「グラフ作った」って言ったら、相棒に「え、気持ち悪いw」的な感じで引かれえましたが、これが僕なりの心の整理の仕方なので、ご理解いただければ幸いです笑)

 

f:id:ysy1983:20180930192230p:plain

“うつ”になった要因として、一番大きいのは…

  • 自分の許容量を正しく認識できていなかった
  • 不慣れな業務などを断れなかった
  • 職場の人間関係やはたらき方については、転職という手もあったが行動を起こさなかった

…かな。

 

上司の言う「○○さんや●●さん」の存在は、

やっぱり頭の中で整理したけど、さほど大きなストレスにはなってなかったように思う…。
(確かに怖かったけどが…w)

 

しいて言うなら、はたらき方に配慮の足りない会社(というか業界?)や、慣れない業務をぶん投げてくる、上司のせいのような…笑

 

悪口になってしまいますね…すみません。

ある程度、冗談として受け取っていただければ幸いです 笑

 

…つづく

 


 

つづきはこちら

自分が“うつ”になった原因を考える⑤ 復職か?転職か?

 

Twitterもやってますので、よかったらご覧ください!

twitter.com

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村