“うつ”で“ゲイ”なysyの【備忘録】

“うつ”で“ゲイ”なysyの【備忘録】

大阪に住む『ゲイ』で『うつ』いろいろマイノリティーな男(35歳)の備忘録

自分が“うつ”になった原因を考える⑤ (ysy #7)

こんにちは!!

ゲイで“うつ”のため休職中のysyです。

シリーズ「自分が“うつ”になった原因を考える全6パート」連載中です。

  1. 自分が“うつ”になった原因を考える① ひっそり忍び寄る“うつ”の気配…
  2. 自分が“うつ”になった原因を考える② 主治医との信頼関係
  3. 自分が“うつ”になった原因を考える③ 休職を選択し感じたこと「精神疾患は“普通”じゃない(?)」
  4. 自分が“うつ”になった原因を考える④ なぜ“うつ”になったのか?
  5. 自分が“うつ”になった原因を考える⑤ 復職か?転職か?
  6. 自分が“うつ”になった原因を考える⑥ 相棒と夜通し…

自分が“うつ”になった原因を考える

復職か?転職か?

介護の仕事に就かれている方は、ある程度理解して下さると思いますが、介護や医療の業界ってなかなかハード

僕のいた職場の場合、雑用なども夜勤に色々まわされていて、夜間はスタッフ2名で50人程の方の様子をみなければいけいない…

 

17時から働き出して、21時頃には、ともう一人の夜勤者と2人きり。

0時と1時とかに1時間休憩を交代で取って、朝6時ごろまでは、その夜勤者さんと2人きり…。

 

ぶっちゃけて言うと、他の老人福祉施設や老人ホームと比べて、介護度は低かった

それでも突発的体調不良(熱発)失禁など…

ハプニングはつきもの。

経験値の低い僕は夜勤で、ほぼ毎回テンパってましたw

 

海外でも働いていた経験のある看護師の友人によると…
「確かに日本の医療現場などはハード・・・」とのこと。

 

先日、知り合いがグループLINEでこんなことを発言していました。

以下一部抜粋です。

今、私は認知症の方のためのグループホームに勤めています。
正規職員ではなく非正規です。
介護業界未経験で、正社員として歓迎してくれるところが少ないのが現状です。
ある程度、経験を積んだら転職をしようと考えています。

皆さんに聞きたいのですが、就労時間内に仕事を終えることはできますか?
今の勤務先でスタッフみんなは、1時間前から仕事に入るための準備をするために出勤しています。
就業時間を終えた後、1時間は雑用などをこなすため時間が必要です。
もちろんその“前残業”“後残業”は時給に含まれませんし、残業手当もつきません。
食事介助をしていても、その時間が休憩時間に含まれていたりします。

このLINEを見て「お前が言うな!」と思われるかもしれませんが、率直に思いました。

『早く転職したらいいのに…。』

 

高齢化社会から今は「高齢社会」、近い将来「超高齢社会」になろうとしている、このご時勢…

 

“未経験だと歓迎してくれるところが少ない”

とおっしゃいますが、介護職はどこも足りていないので“引く手数多”なはず…

 

この方は、僕より2~30歳年上なので、もしかしたら状況が違うのかもしれませんが…

 

とにかく医療従事者や介護職員も『人間』

もっと配慮されても良いような気がします。

 

…あ!

話しがズレましたが…

  

僕は働けるコンディションになったら「復職」しようと考えていました。

そして、その後もし「やっぱこの職場きっついわ…」と感じたら、転職をしようと思っていました。

(なんとか実働16時間の夜勤は、特例でしばらく免除してほしいな…とは思ってましたが)

 

職場にいる仲の良いスタッフに、今の職場がどうなっているのか?聞いてみたところ、スタッフ間の人間関係はかなり改善されたとのこと…

 

そして入居者さんのおばあちゃんの中に

「ysy君どないしてはんの?なんなん?病気なん?」

とほぼ毎日仰って下さって、心配してくれている方がいるみたいで…(T ~T)

 

だから、せめて最後に元気な姿で、

「ありがとう」と「さよなら」を伝えたいと考えていました。

 

たった数日前まで。 

 

…つづく

 


 つづきはこちら

自分が“うつ”になった原因を考える⑥ 相棒と夜通し…

 

 Twitterもやってますので、よかったらご覧ください!

twitter.com

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村